おもむくままに スペイン短歌紀行-16 
~スペイン歴史探訪シリーズ~


「おもむくままに スペイン短歌紀行-16」
彷徨い人 中島孝夫
2017年7月~8月

~ビルバオ~サン・セバスティアン~ゲルニカ~サンタンデール~オビエド~
ア・コルーニャ~サンチャゴ・デ・コンポステーラ~ etc.
【バスク】
≪ビルバオ≫

 *
ビルバオはバスク地方の産業と異色文化の中心地なり
                
〈芸術の港湾都市〉

 *芸術の香に誘われて港湾の旧市街に足ふみ入れる


 *戦火をばくぐり抜けたる街並みは避暑地としても復興したり

              
〈バスク美術館〉

 * 複雑なバスクの地形を眺めつつ狩猟時代の穴居をのぞく

 * 断崖のふもとに広がる村落の数の多さに驚くばかり

<グッゲンハイム美術館>

 * きらきらと妖しき光を放ちいる得体の知れぬ建物見上げる

 * 建物は太陽光を反射して千変万化の彩り放つ

 * 眼前の前衛的な建物はどこから見ても摩訶不思議なり

      
≪サン・セバスティアン≫

* コンチャ湾扇の如く広がりて丘がそびえるその両端に

* セバスティアンはビスケー湾の真珠とも
                    賛美されたる都なりけり

* ナポレオン軍と英国軍の戦いで町の大半焼失しぬ
<モンテ・ウルグルの丘>

 * モタ城は街をやさしく護りいるモンテ・ウルグルの丘の上より

 * キリストの十メートルの立像は丘の上より湾を見守る


 
 
<サン・テルモ博物館>

 * サン・テルモ博物館の門前に妖艶な女が現れ出でぬ

 * 無意識に女の尻について行くわれの心は宙に浮いて

 * 気がつけば女は館の裏山の展望台へ向いていたり


     
<モンテ・イゲルド>

 * 頂上の展望台より眺むればコンチャの港が眼下に広がる

 * 紺碧の海の青さに目を見張りまばたきせずに佇みいたり


≪ゲルニカ≫
<ゲルニカ平和博物館>

 * ゲルニカをフランコ軍に味方するナチスドイツが空から襲いぬ 

 * ゲルニカは無差別爆撃受けたれば町は廃墟と化しにけり

 * ゲルニカは山の緑に包まれて町は静かに息づきいたり

 * ゲルニカは町全体がピカソの絵どこに行きても「ゲルニカ」の如 


<バスク議事堂>

 * 議事堂は空襲被害を免れし当時を語る建物なり

 * 「ゲルニカの木」と呼ばれし樫の木は朽ちているも現存している

 * ゲルニカの独立宣誓行わる樫の木の下で厳粛に

   
【 カ ン タ ブ リ ア 】
≪サンタンデ‐ル≫
<マグダレナ半島>

 * 宮殿がマグダレナ半島の緑の高台に聳えたつ 

 * この宮殿アルフォンソ王に贈られしサンタンデールの贈り物なり(19世紀) 


<エル・サルディネーロ>

 * 優雅なる趣きのある海岸はスペイン王家の浜辺なりき

<岬の美術館>

 * 浜辺より遥か彼方を見渡せば岬の上に尖塔見ゆる

 * 燈台と覚しき塔に入りたれば思いもかけぬ美術館なり


<浜辺>   

 * 華やかな水着身につけ砂浜に彩り添える老夫婦のいる

【 ア ス ト ゥ リ ア ス 】
≪オビエド≫

 * オビエドは小さな王国なりしかど
アストゥリアスの王国なりし

<カテドラル>
 * 眼前の古色豊かな聖堂に圧倒されて身動きできず

 * カテドラルは古き王国の歴史を語る建物群に守られいたり

 * カテドラルの周辺は世界遺産に登録されし地域なり

 * てくてくと迷いあるく旧市街出現するは奇抜な建物


<アストゥリアス考古博物館>        

 * アストゥリアスの先史時代の展示物を目にし驚く人類の進化

 
<アストゥリアス美術館>

 * 中世の宗教画数多あれども聖母マリアに心ひかれる

<サンフランシスコ公園>     

 * 啄木の「春まだ浅く」を詠ずれば小鳥よりくるわが足もとに

【 ガ リ シ ア 】
≪ア・コルーニャ≫
<サン・アントン城>

 * 城壁に囲まれたる要塞は博物館に変身したり

 
<ヘラクレスの塔>

 * 岩壁よりはるか彼方を眺むれば世界最古の灯台そびゆ

 * 灯台は大西洋の海原を千九百年も見守りている

 * 今もなお機能し続けるこの塔は世界遺産に登録されぬ

   
 
<コルーニャ美術館>

 * ガリシアの画家の描きし大作を驚き入りて鑑賞す

 
≪サンティアゴ・デ・コンポステーラ≫
<カテドラル>

 * 聖ヤコブ巡礼者をば労りてやさしき微笑み浮かべ迎える

 * 巡礼者心の迷いをほぐさんと聖地を目指し歩き続ける

 * 巡礼者老いも若きもはつらつとホタテ貝をばぶら下げ歩く

 * カテドラルに辿りつきし若き男女頬すり寄せて抱き合う


<郊外の散歩道>

 * 郊外の丘の上より眺むれば遥か彼方にカテドラル聳ゆ

 * 郊外の散歩道をば彷徨いぬ巡礼者の如聖堂めざし

 * 公園の小川に沿いて辿り行く清き流れに心も澄みて