【『義経記』を詠う】

彷徨い人 中島孝夫
~~ ~~
篠笛(横笛)『京の夜』
福原一笛 演奏より

《49.判官御自害の事》
HOUGAN SE DA MUERTE

2018年5月25日更新

* 判官は
   北の方を呼び寄せる前に
    すでに腹を切りていたり * 判官は
   ”自害する時刻なり”と宣いて
     北の方を呼びぬ

Hougan
antes de pedir a Kita no Kata
que se acercara
se había abierto el vientre.
Hougan dice:
“Ha llegado la hora de morir”,
y llamó a Kita no Kata.
960 959


* ”死ぬる
    決心をされたなら
     兼房に命じなさるが宜しかろうぞ” ~~ * 判官は
   北の方に言いぬ”わたしは
    身体が弱りたりているゆえ” ~~ * 判官は
   刀を隠し衣服を羽織り
    脇息にもたれていたり ~~ * ”念仏を
    唱え祈念されよ”
     北の方は判官にすがりつきたり ~~ * 判官は
   北の方に言いぬ"わたしと同じ浄土に
    迎えられるように"

“Si has tomado
la decisión
de morir,
ordénaselo
a Kanefusa”

Hougan dice
a Kita no Kata:
“ Mi cuerpo
se está
debilitando...”
Hougan
escondió
la espada,
se colocó
la ropa
y se apoyó
en el
reclinatorio.
“Entona sutras
y oraciones”
Kita no Kata
se agarró a
Hougan.
Hougan dice
a Kita no Kata:
“Espero me
acompañes
a la tierra de
Yodo (el cielo)”.
965 964 963 962 961


* 兼房は
   鎧の袖を顔に当て
    声をあげて泣きにけり ~~ * ”かくの如き
    有様を目にするとは
     思いもかけぬことなりや” ~~ * ”あなたの
    お父上よりあなたの養育を
     仰せつけられたり” ~~ * 兼房は
   北の方に言いぬ”あなたが
    お生まれになられた三日後に” ~~ * 北の方は
   ひれ伏し泣きいる兼房に向かい言いぬ
    ”刀をわたしに”

Kanefusa
se llevó las
mangas
de la armadura
al rostro,
levantó la voz
mientras lloraba.
“Nunca pensé
que pasara
algo así.”
“... Vuestro
padre
me encomendó
vuestra crianza”
Kanefusa dice
a Kita no Kata:
“Tres días
después
de haber
nacido...”
Kita no Kata
se dirije
a Kanefusa
que llora
postrado
y dice:
“El cuchillo
a mi”.
970 969 968 967 966


* 五歳に
   なりたる若君が
    障子を引きあけ駆け込み来たり ~~ * 兼房は
   亡骸に衣をかぶせ
    判官のおそばに横たえぬ ~~ * 奥方は
   苦しき息の下で
    念仏を唱え息絶えられぬ ~~ * 兼房は
   奥方の右脇の下を
    刀で突き立てえぐりたり ~~ * 北の方
   仰せられぬ”いくら嘆いたとて
    どうにもならぬことじゃ”